現在のページ

ホーム > SWEETENERS|甘味料 > 有機ボルカニックネクター (オーガニックアガベネクター/シロップ) 680g 6本セット
GLOBAL GOODS グローバルグッズ > 有機ボルカニックネクター (オーガニックアガベネクター/シロップ) 680g 6本セット


有機ボルカニックネクター (オーガニックアガベネクター/シロップ) 680g 6本セット

有機ボルカニックネクター (オーガニックアガベネクター/シロップ) 680g 6本セット

商品コード : SW001_6
価格 : 17,259円(税込 18,640円)
ポイント : 172
数量
 

現在品切れです。

再入荷お知らせ

ご希望の方にはギフトラッピングサービスを行っております。

Share this item

≫ 有機ボルカニックネクター (アガベネクター/シロップ)680g はこちら
≫ 有機ボルカニックネクター (アガベネクター/シロップ)ガロンサイズ はこちら

 

有機ボルカニックネクター (オーガニックアガベネクター,シロップ) / Volcanic Nectar (Syrup) ,Blue Agave

ローフード対応 / 低GI値食品
USDA認定品 / コーシェル認定品

※コーシェル: ユダヤ教において食べてよい食物(適正食品規定)のこと

メキシコ産

最高級ブルーアガベから抽出した、最高に美味しいピュアで爽やかなローフード対応のアガベシロップ。
ブルーアガベから作られたシロップはミネラルとイヌリン※が最も豊富で、甘さは上白糖の4倍に匹敵します。

なんと、米国では唯一の、FDAも認める正真正銘の低GI値ブルーアガベシロップ。
米国では、近年ローアガベシロップに関して物議を醸す話題が持ち上がりました。
ロー(RAW)、低GI値とうたっていても、コーンシロップやその他、化学的な混ぜ物がされていたり、
どこまで本当に安全なのか分からない商品が出回ることも少なくなかったからです。

FDA(米国政府)が認めたボルカニックネクターなら安心してお使いいただけます。

もちろん、46℃以下で加工されているので、ローフードにも対応しています。

ブルーアガベが醸し出す爽やかな甘み。

ローカカオニブと混ぜれば、なぜか、かすかに紅茶のような風味すら味わえます。

ローフードのスイーツにも相性が良く、様々な場面でお使いいただけます。

ローフード生活にはなくてはならない甘味料となることでしょう。

 

FDAとは???

食品医薬品局(FDA; Food and Drug Administration)は、食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、玩具など、
消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行う
アメリカ合衆国の政府機関です。

≪FDAの使命 FDA's mission statement≫

医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、国内の食糧供給、化粧品、
そして電磁波を放出するような製品の安全性と有効性を保証することによって国民の健康を守ることが、
FDAの責務である。
加えて、医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速させることによって国民の健康を増進すること、
そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることもまた、
FDAの責務である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

GI値(グリセミック・インデックス値)とは???

デヴィッドJ.ジェンキンズ博士らは食物の種類により、たとえ成分が同じであっても摂取後の血糖値上昇に違いがある事を発見しました。

GI値とは、食品が体内で糖に変わり、血液に吸収されて、血糖値を上げるまでの速度を数値化したものです。
この数値が高いほど血液中に入り込む速度が速く、インスリン分泌などに影響しやすいといわれています。
インスリンとは膵臓から分泌される血糖値を下げようとするホルモンです。
インスリンがたくさん分泌されるほど、脂肪合成が進むといわれることから、分泌されすぎると肥満の原因となるため、
低GI値ダイエットなどが流行ることもありました。

GI値が低い食べ物は吸収も穏やかで腹持ちが良いともいわれています。
逆にGI値が高い食品ほど、血糖値の上昇速度が速く、インスリンの分泌量 が多くなるので
空腹になりやすく過食になりがちであるといわれています。

この指数は糖尿病治療の一環で、食後の急激な血統上昇で膵臓に負担をかけないように食事指導に使用されることもあります。

 

イヌリン (inulin) とは???

イヌリン (inulin) は自然界においてさまざまな植物によって作られる多糖類の一群である。
炭水化物の一種、果糖の重合体である。キク科の植物は球根に栄養源を貯蔵するための手段として利用している。
イヌリンを合成・貯蔵する植物は、多くの場合デンプンのような他の物質を貯蔵することはない。
イヌリンの名称は、キク科オグルマ属の植物 (Inula) から抽出されたことに由来する。

イヌリンは栄養上の性質に優れることから、食物製品に使用されることが近年増えてきている。
薄味のものから甘めのものまで広範に使用されており、砂糖や脂肪、小麦粉の代わりに用いられることもある。
これは次の点において有利であるとされる。
すなわち、イヌリンは砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まず、
脂肪と比べても6分の1から9分の1程度のエネルギーしか含まない。
さらに、カルシウムの吸収を促進し、おそらくはマグネシウムの吸収も促進する。
また、腸におけるバクテリアの活動を増進させる。

栄養学的には可溶性繊維の一種であり、多量に摂取すると(特に、過敏な人あるいは不慣れな人にとっては)
腹部膨満を来す可能性があることに注意が必要とされる。
血糖にはほとんど影響を及ぼさず、糖尿病患者の血糖値を適切な水準に調節する効果がある。
そのため、血糖値の異常によっておこる病気の治療への応用が期待されている。

 

加熱はされているの???

アガベはメキシコ原産の砂漠に自生する多肉植物です。
とりわけブルーアガベはメキシコの火山性土地帯で多く見られます。

もしも、アガベがまったく加熱されていないのであれば、それは単なるテキーラでしかありません。
植物から採取される時点で、ネクター、あるいはシロップ状になっているということはあり得ないのです。

アガベそのものからエキスが抽出され、発酵が始まるまでの時間はわずか15分しかありません。

その間に、46℃以下の加熱でできる限り発酵を進ませることなく、加工する製法をボルカニックネクターは発見したのです。

ボルカニックネクターは、ネクターにおけるロー(RAW)という定義がまだあまりにも曖昧なため、
あえてラベルにはロー(RAW)という表示はしていません。

当店は、ボルカニックネクターの、食品検疫から輸入手続きまでの全てを自社において行っております。

輸入・販売の為の中間業者を挟まず、過大な広告も掲げず、できる限りの無駄を省き、お客様がお求めやすいように、
可能な限り価格を抑え、努力している次第でございます。

 

ボルカニックネクターを使ったレシピ

ジンジャーエール
- Ginger Ale -

■ 材料

  • 炭酸水・・・・・・・・・・200ml
  • すりおろしショウガ・・・・小さじ1杯
  • ボルカニックネクター(アガベシロップ)・・・・おおさじ2杯(好みで加減して)
  • 氷・・・・・・・・・・・・適量

■ 作り方

  1. グラスに、すりおろしたショウガとボルカニックネクターを入れてよく混ぜてから、氷を入れる。 炭酸水を注いで、さらによく混ぜる。

GI値比較

ボルカニックネクター 27
糖尿病患者に適切であるといわれる値  Safe For Diabetics 55以下
はちみつ Honey 83
高果糖のコーンシロップ
(多くのアガベネクターに混入されている場合が多い)
High fructose corn syrup  (Found in many so called "pure" agave's from Mexico)
89
ショ糖 Sucrose 92
ブドウ糖 Glucose 137
澱粉 Maltodextrin 150
麦芽糖 Maltose 150
 

成分分析

ボルカニックネクター

  • Fructose 果糖 − 49.10%
  • Glucose ブドウ糖 − 10.70%
  • Dextrose D形グルコース[ブドウ糖の異性体]− 0.00%
  • Maltose 麦芽糖 − 0.00%
  • Mannitol マンニトール(キシリトールなどと同じ糖アルコール)− 0.00%
  • Sucrose ショ糖 − 0.00%
  • Maltodextrose マルトデキストロース(ブドウ糖が結合した糖質の一種でデンプンより消化吸収が早い)− 0.00%
  • Tetramaltose − 0.00%
  • Glycemic Index GI値 − 27
  • Glycemic Load 血糖負荷 − 1.6
  • Inulin イヌリン − 11.81%

さらに詳しい分析結果はこちら

 

AGAVE NECTAR, SYRUPについて

アガベネクター (アガベシロップ)は1990年代に広まった比較的新しい甘味料です。

テキーラの原材料にもなっているブルーアガベから抽出されたものが始まりで、元来、アガベジュースを作っていたのは
中央メキシコのインディアン達です。

1990年代後半にはブルーアガベの価格が高騰し、アガベネクターはいったん、経済的ではない甘味料になってしまいましたが、
中央メキシコのインディアンと地元の製造業者による協力の下、更なる研究が進められ、
アガベネクターの製造方法が新たに確立され、一般市場にカムバックしてきたのです。

欧米では、近年最もホットな甘味料として市場に出回るようになり、多くの自然派食品店で見かけるようになりました。

なぜここまでアガベネクターが世間に知られるようになったかというと、ブドウ糖が少なく、天然の果糖が多く含まれているため、
血糖値を急激に上げることがない、いわゆる、GI値が低い甘味料なので、ダイエットを目的とした人、
血糖値のコントロールが必要な人に最適なのです。

ライトグレードのアガベネクターは、味はとてもフラットで、素材の風味を変えてしまうことなく、サラダドレッシングやジュース、
スムージー、ジャム、デザートなど幅広く使用できるという点が更に人気を呼びました。

そして、長持ちするという点。結晶化せず、3年はもつといわれています。粘度が低く、固まったりすることもなく、ドロッとしすぎず、
注ぎやすいのでテーブルトップの甘味料として重宝されることもあります。

パンやケーキを作る時などの保湿力はハチミツに匹敵し、生地をしっとりと滑らかにしてくれます。

冷たいシリアルやアイスドリンクにも溶けやすく、甘さは白砂糖の数倍以上にもなります。

その扱いやすさとマイルドな味がさらに人気に加速をつけているのです。

Customer Review カスタマーレビュー

入力された顧客評価がありません
  氏名 : 評点 :
内容 :